淋病をもらってしまった!すぐに治りましたがヒヤヒヤでした

0

ある日、ペニスの先が何となくむず痒いことに気付きました。先っぽと根元の毛の辺りがなんとなくムズムズ・・。最初は特に気にしていませんでした。しかし、その痒さ・・いつまでたっても無くなりません。4、5日後に改めてペニスをよく見てみると、先っぽが薄紫色になっています。それでも「痒い」だけだったので、2、3日放置していましたが、とうとう、「痒み」が「痛み」に変わって来たのです。小便をすると先っぽがチクリと・・。痛みは徐々に強くなり、小便をするのが億劫に感じるようになりました。しばらく小便をした後に消毒薬で先っぽを洗って様子を見ましたが何の効果もなく、とうとう先っぽから薄黄色い液体が漏れ始めました。

「もはや普通ではない」を思い、皮膚科のお医者さんに行きました。「まず間違いなく淋病です」とのことでしたが、一応検査を受けました。5日ほどで結果が出ましたが、やはり淋病でした。「特効薬がありますので処方しておきます」とのことでもらった薬を飲んだところ、すぐに効き目が表れ「痛み」と「膿み」は急速に消えて行きました。

お医者さんの話では「淋病の感染源はほとんどが性行為なので注意してください」とのことでした。お医者さんはそれ以上突っ込んだ話はしませんでしたが、「不特定多数の女性との・・」と言いたそうでした。淋病は「オーラルセックス」で感染するそうです。ある女性が複数の男性とオーラルセックスをした場合、女性の口を介して感染します「ある男性の精液⇒女性の口⇒他の男性の性器」といった具合です。当時、私は家内とのセックスはほとんどなく、月に2回ほど挿入なしの風俗店に通っていました。生フ○ラの店です。断定はできませんが、可能性は高いと思いました。性欲がつくサプリを飲み続けた効果か病気自体はすぐに治りましたが、ヒヤヒヤさせられました。

心身の健康と身体の強度というのは全く関係ない模様

0

2016-07-20_142545

日本人の三大疾病の死亡順位ではワースト3を占めているのが、主に「がん・心筋梗塞・其れに脳卒中」ともいわれていますが、私は65歳すぎて定年になってから、其の国民病とも言われる大腸癌になってしまい、手術除去しましたが、今になっても再発や転移のことでチョットは心配しながら悩んでいます。

若い頃どちらかと言えばスポーツ万能で、野球や水泳、其れに登山の趣味などで身体を鍛え、多少の夜更かしや飲酒などにも負けない、健康には絶対的な自信がありました。なぜなら健康サプリメントのバリテインを飲んでいたからです。 ただ、一度だけ虫垂炎(盲腸炎)で数日間入院しましたが、それ以外は熟年になって会社を定年になるまで、病気などと言う物には縁が無かったようでした。

その定年後、初めて市の高年者の成人病定期健診で検便の結果、陽性と認定され、更にその後、精密検査を受けたところ、その結果は大腸がんと診断されました。 更に、通常なら内視鏡で観ながら腫瘍部分を摘出すればよいのだが、小生の場合はある程度進行している物で、開腹手術をしなければならないとのことでした。

この時ばかりは、頭をガーンと殴られたようなショックでした。しかし、結果は結果なので受け入れるしかなく、早速ながら入院、手術、そして術後の療養に20日間、そのご無事退院することが出来ましたが、初めて、病人の不自由さを思い知らされました。

それにしても身体の強度と心身の健康というのは全く関係ないようで、健康に自信があると思うのはよいでしょうが、日頃の節制と定期的な健康診断は大切だと、つくづく思いました。 

そして、手術は一応は成功したようですが、医師の言葉によると「大腸内部のはっきりした癌は完全に除去はしましたが、転移については各器官での精密検査はしておりませんので、他の部位においての癌の再発ということも可能性としては残されています。 今後とも定期的な検査や人間ドックで部位の検査をお勧めします」ということでした。

現在は、手術後からほぼ3年は過ぎましたが、定期検査において今の頃は異常は検出されてはいなようです。

パーキンソン病は遺伝する?

0

私の両親は二人ともパーキンソン病でなくなりました。パーキンソン病は寿命に関係ない病気と言われますが、進行性であり、身体の自由が利かなくなり最終的には食べ物が飲み込めなくなってしまうのです。現在治療法は無く、進行を遅らせる薬は出ていますが決定的な治療には至っていません。脳内物質のドーパミンが不足することによって起こる、という事はわかっているらしいのです。

どうしてドーパミンが不足してしまうのか、最近では「長期間に渡り強いストレスと感じ続けること」が引き金になるのではないかと言われている説を読んで、思い当たる節がありました。父も母も、私の兄弟の事で長年に渡り深い悩みを抱えており、ついに最後までその悩みは解消されることがなかったからです。

両親がそろって治療法のわからない難病だったという事は、私の心に恐怖と不安の影を落としています。私もどちらかといえば思い悩んでしまう性分で、気をつけてはいるもののついつい家族の問題を自分のせいだと思い詰めてしまうところがあるのです。

パーキンソン病の10%は家族性、つまり遺伝によるものと言われています。もちろん、身内にパーキンソン病がいるからといって、必ず発症するわけではありません。両親がパーキンソン遺伝子を持っていたとして、子供が遺伝子を受け継ぐ確率は25%だと言います。

ストレスが発病の引き金だとしたら、くよくよ悩まず、自分で抱え込まず、人と会い、人生を楽しみながら生きて行けば、ドーパミンは生成されパーキンソンは発症しないと信じています。「なるかもしれない」という気持ちはどこかにありますが、引き金は引かれないと信じます。

心身共に健康でいられる事は幸せです

0

2016-07-14_192928

私は31歳の女性ですが、長い期間心の病気を患っていました。
私は20代前半の時にダイエットをきっかけに拒食症になってしまいました。それまでの私はどちらかというとぽっちゃりした体型であり、自分の体型を気にしていたものの食べる事が好きなのでダイエットをしても続かない事が多く痩せた事がなかったです。

しかし、24歳の時に胃腸炎で全く食べる事ができず胃腸炎が治った時には2キロ体重が落ちていました。その時はその体重が減った事が非常に嬉しくて、この体重を増やさない様にしようと安易な気持ちで食事制限をするようになりました。私は食事制限をして最初は夜ご飯の炭水化物を抜くという方法をとり、それで痩せなくなったら次は昼ごはんを抜くなどいくら痩せてももっと痩せたいと思うようになってしまいました。

周りも最初は少し痩せて綺麗になったよとほめてくれましたし、今まで着る事ができなかった洋服を着る事ができてダイエットにはまっていきました。そして食べる事が嫌で嫌でたまりませんでした。何か食べると異常なほど体重の増減が気になり、今度は下剤に手を出すようになり自分でもどうする事もできないような状態になりました。

私は母親に連れられて心療内科へ行き、拒食症だと言われました。私は太っている自分に自信がなく小さい頃から良い子でいないとダメという意識が強く精神的に孤独を感じていました。ダイエットで自分に自信をつけるつもりが一度拒食症になると治療がすごく大変で食事をした後の罪悪感がなくなるまでたくさんの時間が必要でした。私は今はすっかり完治して心身共に健康にいる事ができますが、身体だけでなく心も健康でいる事が一番の幸せだと実感しています。

20代半ばになって精力不振を感じています

0

2016-06-30_152237

現在私は20代半ばですが、以前と比べて精力に対しての免疫が下がりつつあります。仕事の疲れもあるためか、勢いが無く上手くいかない事が多いです。

新しいものに対しての興奮度合いは以前より増している部分はありますが、今まで自分が見てきた書物やDVDなどでは身体が反応しなくなりました。ニンニクなどを始め効果的な食事も日によっては行っていますが、ムラが出てしまいその効果ははっきりと言えない状況です。

10年前は20代半ばという年齢がここまで身体の退化に繋がってしまうとは想像もできませんでした。知識という部分も恋愛経験を通じて深められたところはありますが、実体験まではできていない部分が多いためそれが今の現状に表れていると感じます。

数年前まで包茎という悩みもあったため少しコンプレックスもありました。同学年に子供が生まれた話も聞くことが多く益々劣等感にはなります。何よりも体の衰えが一番しんどいもので精力はそれを如実に感じました。

初投稿

0

このサイトでは、男性の健康や精力、病気など、カラダの気になることについて色々と記事にしていこうと思っています。

当面は私の体験したことや聞いたことなどを書いていくつもりですが、みなさんの体験談や知識なども参考にしていきたいと考えています。

よろしければメッセージ・投稿いただければ嬉しいです。